浮気調査相談センターの妻の浮気調査

妻の浮気調査

妻が不倫に走るとき妻が浮気に走る時。。。

携帯電話やインターネットの普及、日記サイト、ゲームサイトを隠れ蓑にした出会い系サイトの一般化により不特定多数の異性とのコミュニュケーションが容易に取れるようになり、若い世代はもちろん40歳~60歳代の浮気も急増しています。

特に男女共働きが当たり前になりつつあるここ数年はそれが顕著に見られ「浮気は男の甲斐性」に続いて「浮気は女の魅力の成せる業」といった様相であります。

女性の浮気は男性の浮気と違い、一旦始まってしまうと破局、家庭崩壊へ直行してしまうのが特徴でもあります。

また男性よりも巧妙にそして平然と嘘をつくことが浮気をしている女性に多く見受けられます。これにより浮気に気がついたときにはすでに手遅れに・・・ということが起こります

一刻も早く事実解明と対策をしなければ相手の一方的な言い分をぶつけられたあげく去られてしまうことになります。

事実、当社がこれまでに「会社から家に帰ると妻と子供がいなくなっていた。」「付き合っていた彼女と急に連絡がとれなくなった。(入院した。死んだ。等様々な作り話のパターンがあります)」このようなお話を伺って行方不明や失踪の調査をしてきた結果、裏には100%他の男性の姿がありました。

女性は自分や子供の命が危険にさらされるくらいのことが無い限り、離婚や家出等の行動を一人では起こさないものです。今現在、離婚や別れ話を切り出されているのであれば、ご自分を最大限有利な立場(慰謝料、財産権、親権等の話し合い)に持って行く為にも事実の把握と不貞の証拠を押さえることは最重要事項であると断言できます。

残念ながら浮気の事実が発覚した場合、浮気相手の男性にも正義の鉄槌を下さなければなりません。こことでいう鉄槌とは暴力のことではありません。慰謝料のことです。

慰謝料を相手から確実に取って始めて浮気をした奥様とその相手に不貞の罪を犯し、あなたを苦しめた責任をしっかりと取らせることになるのです。

この為にも裁判が起こった際において十分通用する証拠をとることが重要になります。その証拠取得の分野において現在の日本では探偵が唯一の専門職なのです。

浮気調査相談センターお問い合わせ先

妻にこの様な事はありませんか?

妻の浮気調査

あなたはすでに奥様に不信感を感じ、こちらのページを開いて頂いていると思います。

女性が浮気をすると、男性よりも浮気の発覚が遅れる傾向が見受けられ、女性ならではの細心の注意を払い旨く浮気の証拠を消してしまう為、気がつけば取り返しの付かない状況になっている事が殆どです。

まずは簡単な現状分析を行っていきましょう。

・ 外に出て働いている。(現在より貧しくなるとしても自活できる程度の収入がある。)
・ 最近、残業が増えた。残業が増えているはずなのに給料はほぼ変わっていない
・ 仕事の帰りが遅いことを問い詰めると「忙しいのでみんなサービス残業をしている」と言う
・ 帰宅するとまずシャワーをあびたり、風呂に入る。
・ 脱いだ下着に不自然な汚れやシミが付着している。
・ 職場からまっすぐ帰ってきてはいるが、出勤時よりも帰宅時のほうが不自然に時間が掛かっている
 (携帯電話で通話をしながら帰っている為)
・ 帰宅してから買い物に出る。または買い物を頼んでくる。
・ 歓送迎会、食事会など職場の付き合いで明け方に帰宅する。
・ 携帯電話をトイレ、風呂に持ち込み寝る際には手元や枕元に置く。
・ こちらの予定や帰宅時間を聞く回数が増える。
・ 携帯電話の利用料金が急に上る。
・ 自分とのメール、電話の回数が以前と比べ明らかに減る。
・ 携帯電話を2台以上所有している。
・ 外食をしてくる機会が増える。もしくはお腹がすいてない等と言い、夕飯を食べない。
・ 家事全般が手抜きになる。
・ 最近相手との会話の中で聞いたことが無い「友達」が増えた。
・ 携帯電話が「圏外」「話し中」になっている頻度が増えた。
・ 以前は不満を言っていた「接待」や「出張」に対して不満を言わなくなった。
・ 下着の種類が増えている。

 過去に浮気をしていたことがある。
 元々付き合っていた男性がいたが自分と付き合い始めてから別れた。
 勤務シフトを教えない。
 携帯電話、パソコンにロックをかけている。
 着信履歴、リダイヤル、メール送受信履歴が消えている。
 化粧、ダイエット、脱毛、ファッションなど外見に気を使うようになる。
 自宅で携帯電話をマナーモードにしておりさらにそれがサイレントモードである。
 家事が手抜きになるのだが、洗濯や衣服の整理等の身だしなみだけはきっちりと行う。
 SEXの回数が減る(疲れている等を理由にして)
 何かと理由を作って実家に帰ろうとする。
 何かと理由を作って友人宅に泊まろうとする。

以上が浮気をしている、もしくは浮気に発展しようとしている女性に見られる行動パターンです。3つ以上当てはまる場合は注意信号、5つ以上当てはまっている場合は危険信号です。マークにいたっては1つでも注意信号、3つも当てはまっていれば100%浮気をしているといっても過言ではありません。

あなたの今後の人生のためにもきっちりと事実を確かめることが必要です。

もし浮気の事実があれば、今後どうするのか?

奥様は悪い男に騙されているかもしれません、相手の事を思うなら手遅れになる前に手を差し伸べて許してあげることも必要かもしれません。

私共はご依頼者様にご納得いただける結果にいたるまで最後まで責任を持って対応させて頂きます。

浮気調査相談センターお問い合わせ先

浮気調査を依頼するには

  • 浮気の証拠収集

    浮気の証拠収集

    浮気の証拠収集とは、対象者である夫・妻・恋人が他の人物と性行為を行う現場やその目的のために利用するホテルやマンション、宿泊先の出入りを写真や映像に残すこと。

    また、状況証拠としては、メールの内容・LINEのやり取り・領収書・手紙・手帳のメモ・写真(写メ)・相手の行動を記録に残す為の日々の日記も有効です。


    詳しくはこちら お問い合わせはこちら

  • 離婚相談はこちら

    夫婦が離婚となると・・・

    夫婦が離婚を考えた時に一番多い問題が相手の浮気です。中には、金銭的問題や性格の不一致があげられますが、やはり異性関係が多いです。

    離婚の進め方は、浮気の証拠を押さえて浮気相手を特定し、先ずは、弁護士に相談してから、子供の親権問題や養育費、慰謝料、財産分与、離婚後の生活保障等を話し合いで決めることになります。

    殆どの方が、離婚調停や離婚裁判を起こしますが、ある程度話し合いが進めば、協議離婚となります。慰謝料の請求に関しては、裁判での判決が多いです。


    詳しくはこちら お問い合わせはこちら

  • 一日5万円の浮気調査

    一日5万円の浮気調査とは

    浮気調査1時間6000円~!一日5万円でする浮気調査!!調査実施日が特定出来ており、短時間の調査で浮気の証拠を押さえたい方にお勧めです。

    例えば、浮気相手と会っているところが知りたいとか、会社帰りに5時間程度の素行調査を行いたいなど、様々です。


    詳しくはこちら お問い合わせはこちら

  • 3日間証拠撮り集中プラン21万円

    任せて安心!!3日間証拠撮り集中プラン21万円

    このプランは、通常、1日5時間の調査を3日間行う調査が、連続15時間+5時間延長料金無料の浮気調査集中プランです。

    例えば、金曜日の夕方から日曜日に掛けて集中的に浮気調査を考えている方や、旅行先での調査、出張先での調査等に最適です。※1日連続20時間の調査が可能です。


    詳しくはこちら お問い合わせはこちら


    浮気の兆候

    浮気調査と浮気の兆候

    浮気や不倫をすると、いくら隠しても日々の生活の中で自然と浮気の兆候が現れるものです。帰宅すると、携帯電話の電源をOFFにしたり、こそこそと携帯電話を操作したり、お風呂やトイレの中まで携帯電話を持ち込んだり、と様々です。夫や妻、恋人にこの様な事はありませんか?


     


    浮気調査は海外でも可能

    日本国内から海外での浮気調査

    浮気調査相談センターでは、日本国内は元より、海外に至る浮気調査もお受けいたしております。単身赴任のご主人や海外出張時の素行調査、海外旅行での浮気調査等、主人だけで無く妻の浮気調査も非常に多いのが現状です。近場で多いのは、韓国、香港、台湾、ベトナム、シンガポール、バンコク、ハワイ等です。

    ※調査範囲・大阪市・池田市・箕面市・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・枚方市・寝屋川市・守口市・四条畷市・東大阪市・門真市・大東市・八尾市・柏原市・藤井寺市・河内長野市・松原市・泉南市・和泉市・堺市・阪南市・羽曳野市・交野市・貝塚市・泉大津市・泉佐野市・高石市・大阪狭山市・岸和田市

    浮気調査 バンコク 浮気調査 ハワイ 浮気調査 シンガポール 浮気調査 フィリピン 浮気調査 ロシア 浮気調査 ベトナム 浮気調査 中国 浮気調査 台湾 浮気調査 韓国


     


    浮気、離婚の慰謝料

    離婚・親権・慰謝料請求

    夫婦の一方が、浮気・不倫をした場合、その一方の配偶者は、不貞行為を侵した配偶者とその浮気相手の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として損害賠償を請求することが出来ます。しかし、法律的には簡単なことですが、離婚となると、子供の親権問題や財産分与等、問題が山積みです。